ED治療薬のジェネリック医薬品

用法容量を守ることが大前提

1日1回1錠で服用後24時間空ける

ED治療薬というのは非常に薬として効果が認められている優れた治療薬です。だからこそ世界中で多くの人が使用されているのです。

ここ最近性行為をしている時に途中で中折れしてしまうとか、その時によっては射精にまでは行かない日もあるという人でED治療薬に興味があるという人もいるでしょう。

そういった人のために正しい服用方法を紹介したいと思います。

ED治療薬を服用するにあたって絶対に守って欲しいのが1日1回で1錠服用するようにして一度服用した後は24時間空けるようにしてください。

薬だから1日に何錠飲んでも大丈夫と思っている人も多いかもしれませんが、正しい用法容量を守って使わないと時に人体に悪影響を与えてしまうことになります。

必ず1日1錠で1回使ったら24時間空けることを守ってお使いください。

1日の間に何度も性行為をしたいと思うのであれば持続作用時間が長いシアリスなどを使ったりするなど用途に合わせて使うようにしましょう。

お酒と一緒に飲むときに注意

ED治療薬を服用するときに何で飲んでいいのか分からないという人もいると思います。

基本は水やぬるま湯で飲むのがいいですが、お茶やスポーツ飲料と飲んでも問題ありません。

ジュース(柑橘類はダメ)もオッケーですが、脂肪分の多い牛乳などと一緒に服用してしまうと吸収を阻害させる働きを持ってしまいますので、牛乳と一緒に飲むのは控えるようにしましょう。

また女性とデートをするとなるとお酒などが入ったりすることもありますよね。

お酒と一緒にED治療薬を服用しても大丈夫ですが、その場合血流が一気に運んでくるので吸収率が一気に上がるので酔いやすくなってしまうことに注意をするようにしましょう。

お酒が強い人ならばお酒と一緒に飲んで問題はありませんが、お酒が弱い人の場合は酔いすぎてしまうと神経が麻痺をしてしまって性欲が減衰してしまったり、気持ち悪くなったり、眠くなってしまって性行為どころではなくなってしまうので気をつけましょう。

グレープフルーツは危険

ED治療薬だけではなくて風邪薬とかにも同じことが言えるのですが、グレープフルーツをはじめとした柑橘類にも気をつけて欲しいです。

意外と知らない人も多いかもしれませんが、グレープフルーツに入っている成分が薬の効果を高めてしまうことになってしまいます。

薬の効果を高めるのであればむしろ一緒に摂った方がいいのではないか?って思うかもしれませんが、薬の効果が出てしまうということは副作用も出てしまうという危険性もあるのです。

本来ED治療薬というのは正しく使えばきちんとした効果が出ると認められて製造販売されているわけです。

過剰に摂取すれば効く!というものではありません。

むしろ副作用が強く出てしまって性行為をする気持ちが萎えてしまったという人のほうが多いです。ED治療薬の副作用として代表的な頭痛が激しくなってしまって痛みで集中できないとなったら楽しめないですよね。

正しい使い方をするのが一番ですのでグレープフルーツと一緒に服用しないで下さい。

副作用が強く出た際に

ED治療薬はシアリスを服用した場合最大36時間もの長い効果作用があります。

ED治療薬によって効果作用時間に違いが出ますが、立ちくらみや色覚異常、頭痛などが起こる副作用も報告されており、強く副作用が出てしまった場合は運転などは控えるようにしましょう。

もちろん副作用が出ない人もいますし、普段副作用が出ない人がその時の体調によって副作用が出てしまった人とかもいます。

強く出てしまったときだけは安静にしていれば収まりますので無理しないようにすることと万が一副作用が長引くようであればED治療専門の病院に行って相談をするようにしましょう。