ED治療薬のジェネリック医薬品

胎児や妊娠への影響はない

妊活中にEDになる人は多い

結婚をして夫婦生活を楽しんでそろそろ子供を本格的に作りたいなって思ったときに妊活をしている人も多いと思います。

子供が欲しくても中々恵まれない夫婦もおり、精神的に参っている人もいます。

本格的に妊活をしようと思ったときにEDになってしまう男性も多いのです。

妊活となると必ず決められた日(妊娠の可能性が高い日)に性行為を行わなければいけません。

1ヶ月の中で限定した日しか受精をしないことから絶対に外せないわけです。絶対にしなければいけないというプレッシャーが重荷となってしまってEDになってしまいます。

また今までは自由気ままに性行為をしていたのものが作業みたいに感じてしまって性欲が減衰してしまうという男性は多いのです。

女性のほうからしてみれば気合で性行為をしてよって思うかもしれませんよね。今まで正常に勃起できていた人が妊活中にEDになってしまうことは決して珍しいことではないのです。

そんな時にも役に立つのED治療薬なんです。

でも妊娠や胎児への影響って出ないの?って思うかもしれませんが、安心してください。ED治療薬はあくまでも血管を拡張させることを目的にしたものであり、染色体異常になってしまうとか妊娠しなくなるということは一切ありません。

不妊治療の専門医から勧められる

不妊治療の専門医もどうしても妊活中というのはプレッシャーやストレスというものが大きくのしかかってきてしまいます。

特に女性の場合は毎月生理が来るたびに絶望している人もいます。そんな時に男性がEDになってしまったとなったら夫婦間もギクシャクしてしまいますよね。

男性が出来ることはきちんと性行為が出来るように万全の準備として用意をしてあげることが大切です。

不妊治療の専門医からはたとえ今まで性行為中に勃起しなかったことがないという人でも念のために1錠薬を処方してくれます。

自分に自覚症状がなくてもプレッシャーと言うのは目に見えずのしかかってくるものです。念のために持って置くようにしていざ性行為のときにスムーズに性行為が出来なかった時は服用するようにしてくださいと渡すことさえあります。

その時は即効性の高いレビトラなどが使われるようです。

不妊治療の専門医が渡される薬ですから安心して利用できますよね。

どうしても不安であれば直接先生にED治療薬を使いたんですけど大丈夫ですか?って相談をしてみるようにしましょう。

先生も慣れているので答えてくれます。