ED治療薬のジェネリック医薬品

即効性が魅力

レビトラについて

バイアグラに続いて誕生したED治療薬で、通称第二世代と言われているのがこのレビトラです。バイアグラは第一世代、シアリスは第三世代と言われていますが、数字を重ねるほど効き目があるというわけではありません。

それぞれ薬によってコンセプトが違います。

バイアグラは空腹時で服用したときの勃起の硬さはNO.1と言われていますし、シアリスは長時間の効果作用が特徴です。

そしてレビトラは最短10分で効果を発揮するという即効性があるというのが特徴です。

特定の決まったパートナーがいるのであればいいですが、まだ付き合いたてでいつホテルに行ってベッドインするか分からない状態で急なベッドインを迎えることになってもレビトラならば問題ありません。

多少ならば脂質とカロリーの低いものであれば食事の影響を受けずに性行為に出来ますし、ホテルに入って先にホテルに入ってもらっている間にレビトラを服用したとしても十分間に合います。

ドイルの世界的大企業のバイエル薬品株式会社から2004年に発売されたことで一気に利用者が増えました。

即効性があり、急な時にも対応できるというのがレビトラの素晴らしいところですね。

レビトラは『5mg、10mg、20mg』の3つの規格で販売されていますが、『5mg』はほとんど主成分が入っていないのでほとんどの病院でも処方されないので実質『10mg、20mg』の二つで販売されています。

効果の作用時間も10mgで5時間~6時間、20mgで8時間から10時間ですので性行為をするのには十分な作用時間と言っていいでしょう。

おすすめは当然20mgでまずは半分にして10mgとして使ってみましょう。それで効果がなければ1錠丸々飲むようにしましょう。

10mgを買ってもし効果がなかったら無駄に終わってしまいますが、最初から20mgを買っておけば安心できると思います。

おすすめのレビトラジェネリック

残念ながら今2017年の状態ではレビトラのジェネリック医薬品は日本の病院では処方されていません。特許が切れていないために製造は出来ません。特許が切れるのはもう少しと言われていますが、不確かな部分もあります。

レビトラのジェネリック医薬品が欲しいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用するのが一番簡単です。

でもどれを選んでいいのか分からないという人もいるのでおすすめのレビトラジェネリック医薬品はバリフです。

ジェネリック大国と言われており数々のジェネリック医薬品が誕生しているインドにおいて2000年に株式上場を果たしており、世界中に2500人以上もの従業員がいるアジャンタファーマ社から販売されています。

アジャンタファーマ社で製造された薬は25カ国以上で販売されているので実績も十分なのですが、レビトラと比べると最大10分の1程度で購入できるのでかなりお得です。

バリフを購入したい方はこちら >>バリフ20mgを購入する

今までバイアグラしか利用したことがない人も試しにレビトラジェネリックを試そうと思っている人にもおすすめです。