ED治療薬のジェネリック医薬品

長い持続作用が魅力

シアリスについて

シアリスは2003年にアメリカのイーライリリー社で開発された通称第三世代のED治療薬と呼ばれており、日本で発売されるまでに約4年の月日が経ちました。

日本で発売されるまでの期間が長かったのでEDで悩んでいる人からしてみれば非常に待ち望んでいたED治療薬といえるでしょう。

俗に三大ED治療薬と呼ばれているのがバイアグラ・レビトラ・シアリスの三つを言うのですが、シアリスは最も新しいED治療薬でありながら世界シェア率が46%を達して世界NO.1の売り上げを誇りました。

まさに爆発的な人気となったといっていいでしょう。

なぜここまで人気が出たのかというともちろん最新の薬が発売されたことでとりあえず試してみようと思った人も多かったのですが、

何よりの特徴として最大36時間もの持続効果時間が続くということです。

どこが凄いの?って思うかもしれませんが、例えば特定の決まったパートナー。カップルや夫婦の性行為というのは大体ある程度決まった日に行うことが多いですよね。

週末に性行為を行われることが非常に多いのですが、シアリスの場合は1錠飲めば最大36時間もの効果作用時間が働くので、金曜日の夕方に服用すれば日曜日の朝まで効果が続くということになります。

つまり1錠で週末を乗り切れるということもあり、通称ウィークエンドピルとも呼ばれているのです。

また食事の影響を最も受けづらく牛丼1杯の食事(800kcal未満で脂質が30%以内)であれば食事をしても影響を受けづらいということで空腹時での性行為をしたくないと思っている人からしてみれば非常にありがたい薬でもあります。

さらに付き合いたての場合ですと1日に何度も性行為をしたいと思う人もいますよね。

そんな時でもシアリスの場合は1錠飲めば1日は効果が強く出ますので安心して性行為に望むことが出来ます。

またシアリスには服用し続けることでいつのまにか血流がよくなりED改善へと繋がっていくという報告もされているのです。

これだけのメリットが多いからこそ多くの人が服用するわけです。

ただし、気をつけて欲しいのがシアリスはレビトラのような即効性はありません。バイアグラのように飲んでから1時間で効果が出始めるとものでもなくどちからといえば遅効性の薬で服用してから個人差はありますが、3時間ほどで効果が現れます。

そのためレビトラのように飲み忘れてしまったとか急なベッドインなどの展開には適しません。

とはいっても事前に1錠服用しておけばその日一日は効果が出るので家を出る前に飲んでおけば飲み忘れの心配もなくなります。

シアリスもレビトラと同じく『5mg、10mg、20mg』の三つの規格で販売されていますが、20mgが絶対におすすめです。10mgを購入して効き目がなかったらもったいないです。

人気NO.1のシアリスは特定のパートナーがいる人に大変おすすめのED治療薬です。

おすすめのシアリスジェネリック

シアリスのジェネリック医薬品もレビトラジェネリック薬と同様にまだ特許が切れていないので日本の病院での処方はされませんし、シアリスは2004年に販売が開始したので特許が切れるのはまだ先で、見通しとしては2020年以降と言われています。

欲しいという人は医薬品個人輸入代行サイトを利用するしか手に入れる方法はありません。

またシアリスのジェネリック医薬品もジェネリック大国で数多くのジェネリック薬が誕生していてどれを選んでいいか分からないという人もいます。

おすすめなのがフォーゼストです。

フォーゼストは世界的大企業のサンファーマ社で製造、販売されていて、世界150ヶ国にわたってED治療薬だけではなくて幅広い治療薬を製造販売しております。

ジェネリック大国といわれるインド国内で売り上げは1位、ジェネリック医薬品の分野でも世界第5位というものすごい大企業が販売をしているのです。

世界5大陸で45箇所の製造施設を持つサンファーマ社の実績と安全性は抜群と言えるでしょう。

フォーゼスト20mgを購入したい方はこちら >>フォーゼスト20mgを購入する

シアリスを試したいけれど高いからなぁ~って思っている人はフォーゼストならば比較的安く手に入れることが出来ます。